高性能太陽光発電のライセンエネルギー株式会社|東京都中央区

敷地面積50エーカーを誇る高効率・高性能結晶シリコン太陽光発電のライセンエネルギー株式会社

Wht

ホーム ≫ ブログページ ≫

ブログページ

Risen Energyはブラジルで54MW210モジュールプロジェクトの新たな注文を獲得

最近、Risen Energy Co.、Ltd.(300118)は、ブラジル市場で54MWモジュールの受注を獲得し、500W単結晶モジュールを提供すると発表しました。この注文は、ブラジル市場でのRisen Energyの210シリーズモジュールの販売促進に有益であり、ブラジル市場での同社の競争力をさらに高めます。 報告によると、Risen Energyが提供するモジュールは、ブラジルで最初の210モジュールが使用されるプロジェクトです。モジュール効率20.8%でコスト効率に優れたG12単結晶シリコンウェーハを使用しています。単一ラインの生産能力は30%増加し、キロワット時当たりのコスト(LCOE)は6%減少し、BOSコストは9.6%減少しました。
モジュールの輸出のリーディングカンパニーとして、Risen Energyはローカリゼーション戦略を継続的に推進することにより、ブラジルの太陽光発電市場での存在感を拡大し続けています。効率的な製品と高品質のサービスにより、現地市場に支持され、最も人気が高まっています。また、Risen Energyの210モジュールがブラジル市場に参入して以来、反応は強くて、現在30MWを超える注文を獲得しており、同社の国内市場シェアは着実に増加しています。
ブラジルは新興市場であり、大きな成長の可能性があります。また、ブラジルは、Risen Energyの海外戦略レイアウトの焦点の1つでもあります。ブラジルの販売責任者であるHao Jianbo氏は、高度に調整されたチームワークのおかげで、注文の生産準備は現在行われていると語り、効率的で高品質な製品と万全なサービスでプロジェクトの円滑な進行をサポートします。将来的には、R&Dと高効率製品の生産能力の継続的な改善により、Risen Energyは、より効率的で高品質なクリーン電力をブラジルにもたらし、ブラジルの再生可能エネルギーを支援することに自信を持っています。
 
2020年09月23日 11:55

意気揚々、Risen Energyはポーランドでさらに600MWの注文を取得

数日前、Risen Energy Co.、Ltd.(300118)は、ポーランド市場で新たに600MWモジュールを受注したことを発表しました。注文には210mmの全シリーズと報告されています。両社は毎年200MWを納入することに同意しています。納入は今後3年間で完了する予定です。その際、これらのパネルは屋上プロジェクトや地上プロジェクトなどのさまざまな場所で使用されます。
 
ヨーロッパの「アンバーロード」と「シルクロード」の交差点に位置するポーランドは、「ベルトアンドロード」に沿った重要な国です。その独特の天然資源、地理的な利点、および政策支援により、ポーランドは東ヨーロッパおよび世界的な太陽光発電市場でさえ「ダックホース」になりました。 」業界データ分析代理店のGlobalDataによると、コロナウイルスの影響にかかわらず、ポーランドの太陽光発電業界は今年、比較的急速な発展の勢いを維持しています。データによると、今年の終わりまでに、ポーランドの太陽光発電の累積設置規模は、総設置電力容量の3.5%以上を占めるようになります。2025年までに、この比率は7%に増加します。今後5年間で、ポーランドの太陽光発電業界は「最速」になるでしょう。
 
幅広い市場の展望により、多くの太陽光発電企業が展開するようになりました。その中で、モジュールの輸出のリーダーとして、Risen Energyはポーランド市場の発展に注意し、高効率で最高の費用効果の高い「中国の技術」を継続的に輸出しています。そして、「中国計画」はポーランドの太陽光発電市場シェアを徐々に拡大し、地元の市場で不可欠な「中国名刺」となりました。報告によると、Risen Energyはポーランド市場で200MW以上のモジュールの注文を累積しています。別の600MW注文の獲得は、現地市場でのRisen Energyの詳細なレイアウトが新たなピークに達することを示しています。
この点について、Risen Energyは次のように述べています。「私たちは常にテクノロジーと市場の双方向の推進にこだわっています。同社の優れた製品品質とカスタマイズされた市場戦略は、顧客の信頼を勝ち取り、RRisen Energyはこの協力により、両当事者間の関係が強化されます。相互信頼、相互利益、双方にとって好都合な戦略的パートナーシップは、その後のポーランド市場の深化のためのライゼンエナジーの確固たる基礎を築くでしょう。将来、Risen Energyは、ポーランドでグリーンクリーンエネルギーの開発を促進するためにより多くのパートナーと協力する自信と強さを持っています。
 
2020年09月18日 13:20

ベトナム250MWプロジェクトEPC契約締結しました

近日、Risen Energy Co.、Ltd.(300118)は、ベトナムXinghai GroupのLuning 4/5プロジェクトで、合計250MWの太陽光発電所プロジェクトにEPCサービスを提供すると発表しました。納入は今年12月に完了する予定です。このプロジェクトは民間企業の最大の海外EPCプロジェクトの1つであり、グリッド接続はRisen Energyがベトナム市場での競争力をさらに高めるのに役立ちます。

ベトナムは年間2000〜2500時間の日照時間を持ち、東南アジアで最も豊富な太陽エネルギー資源を持つ国の1つであると報告されていますが、年間熱と湿度などの過酷な環境のため、モジュールの安定稼働には非常に厳しい条件が付きます。このプロジェクトのためにRisen Energyが提供するJaeger高効率モジュールは、LIDおよびLeTIDに対してより耐性があり、プロジェクトの発電収益を向上させることができます。

ベトナム市場に参入した最初の太陽光発電企業として、Risen Energyは、ベトナムで地元の人材を採用し、支店を設立し、引き続き多くのプロジェクトの注文を獲得しました。現在、Risen Energyのグローバリゼーションはヨーロッパ、アジア、北米、南米、オーストラリアをカバーしており、その中で、ネパール、バングラデシュ、カザフスタン、マレーシアを含む「ベルトアンドロード」市場は、より大きな成果を上げています。

Risen Energyは次のように述べています。「私たちは、世界中のお客様の多様なニーズに対応するために私たちの利点を引き続き使用し、より高い品質の太陽光発電製品およびサービスを世界中のお客様に提供します。」
2020年07月20日 12:06

SOLAR EXPO ONLINEに出展しました

company_300x250
2020年7月1日からSOLAR EXPO ONLINEに出展しました。
150セル500W高効率単結晶パネルを出します、是非ご検討宜しくお願い致します。
 
2020年07月02日 08:52

RISENが強力で、2019年インドのトップ3モジュールサプライヤーに入りました

最近、インド研究機構Mercemは2019年のインド太陽光エネルギー市場に関する業界研究報告を発表しました。この報告書は、過去1年間のインド太陽光市場における主要参加者の分析とランキングを発表しました。報告によると、2019年にインドの部品市場の競争が激しく、トップ10の部品サプライヤーは市場シェアの62%を占めています。その中でRISENは優れたブランド口コミと高い効率のモジュールでインドの太陽光モジュールのトップ3のサプライヤーにランクされました。
また、インドのもう一つの権威市場研究機構JMKリサーチAnalyticsがこのほど発表した2020年第1四半期の再生可能エネルギー報告によると、2020年Q 1太陽光モジュールのサプライヤーランキングでは、RISENが上位を占めています。
効率的な技術の持続的な突破と業界トップの生産力の優位により、RISENは市場の趨勢で国内外の市場構造を合理的に配置し、海外市場の規模を拡大し続け、グローバル化戦略の効果が著しいです。現在、会社の製品は欧米、南アフリカ、東南アジアなど50以上の国と地域に輸出されています。また、太陽光モジュール技術革新の突破面において、RISENが日増しに発展している500 Wの高効率的なモジュールは率先して「5.0」の扉を開け、太陽光再生エネルギー業界を新紀元に導いています。  
RISENグローバル市場総監督の庄英宏氏は、「国内に立脚して世界に目を向け、市場に対する鋭い洞察力を持ちつつ、現在RISENは全世界において既に比較的完備した販売ルートと良好なブランド認識を確立している」と述べました。グリーンエネルギー企業として、私たちは常に勇気を持って、人より先に全世界のエネルギーモデルチェンジアップ を促進することができます。
 
2020年06月04日 10:47

コロナに恐れず 世界初の500Wモジュールの注文を順調に出荷

图片1
4月30日、春の末から夏の初めにかけて、陽光明媚でRISEN寧海本部は多忙で、緊張が整然としていて、整然と箱に詰めて包装して、車の笛の歓呼に伴って、RISEN第1陣の500 Wのモジュールはゴールデンウィーク休暇前に順調に出荷します。
今年に入ってから、RISENはコロナ情況の持ってくる不利な影響を克服して、政府の強力な支持のもとで、全面的に仕事を再開して生産を再開することを実現して、そして日常の生産とコロナ予防とコントロールをやり遂げて配慮します。コロナ発生期間中、RISENは生産と物流などの問題に直面して、自身の実際状況を合わせて、科学的な配置、積極的に協調して、統一的に手配して、復務人員に対して精密化管理を行い、チームの凝集力を発揮して、注文ごとの順調な出荷を保障するように努力します。
これは、500 Wモジュールの注文は、RISENには、マレーシアのTOKAI社の20 MW太陽光発電モジュールの注文を獲得したということです。世界で初めて500 Wの高効率部品を発売した太陽光発電モジュール企業として、RISENの500 WモジュールはG 12単結晶シリコンを採用しました。モジュールの効率は20.8%に達し、優れたコスト優勢を備えています。具体的には単一ラインでの生産能力は30%アップできます。平準化電力のコストは6%下がります。BOXのコストは9.6%下がります。
もっと大きいサイズのシリコンの応用に従って、太陽光モジュールはだんだん「5.0」の時代に入りました。RISENは率先して「5.0」の扉を開けて、500 Wの高効率のモジュールを出し、この画期的な製品の背後には、RISEN研究開発チームが製品に対して完璧なこだわりと改善の理念を体現しています。現在、RISENはこのシリーズの部品に対してすでに3GWの生産能力を計画しています。第二四半期に正式に量産し、第三四半期に大規模な出荷が可能です。
良質な商品と完璧なサービスはRISENのすくすく成長した礎石です。RISENによると、顧客満足度は常に追求している目標であり、今回の500 W部品の注文書は予定通り出荷され、TOKAI社からも高い評価を得ています。コロナ特殊な時期に、会社は初志を忘れずに、全力を尽くして頑張っています。製品の品質を保証すると同時に、お客様により良いサービスを提供します。
 
2020年06月04日 10:44

RISENはTUVラインが認可する実験室資質を獲得しました

图片1
4月27日、TUVラインのソーラーサービス部副総裁邹驰骋とソーラーモジュール総経理章翊驰などRISEN本社を訪問し、両方高層は未来の事業提携などについての会談を行いました。その後、章翊驰がTUVラインの代表として、RISENにTUVラインTMPが認可の実験室資質を授与しました。RISENのCEO谢健、研究開発高級マネージャー刘亚锋、グローバルサービスマネージャー胡宇慧などが授与式を参加しました。
過去の1年間、TUVラインはIEC/ISO17025《実験室能力を検測と校正する共通の要求》などの検測基準の技術要求の基づいて、RISENの実験室の管理体系、環境、人文と設備の技術能力などを全面的審査し、最終にRISENの実験室はTUVライン外部実験室管理規範を満足することを承認しました。本資質の獲得はRISENの優れている実験室管理水準と測定能力の有力な証明になります。
RISENのCEO谢健は  TUVラインTMPが認可の実験室資質の獲得は光栄であり、RISEN実験室の人文資質、設備資質、環境条件などが業界におけるトップレベルに達したことも証明でき、RISENは製品の検測や品質などの厳格さが反映される、そして、TUVラインと今後の事業提携と持続発展事業推進などを期待しているとのコメントをしました。
TUVラインの邹驰骋は 本実験室の認可を通じて、RISENは強大な製造能力以外にも、研究、品質管理も高い水準を満たし、トップ製造業界の印章になる。RISENとの更なる技術交流と他事業提携などを期待し、そして、共に業界の健康な発展を推進する とコメントしました。
 
2020年05月27日 16:40

RISEN2019年年報発表:年間売上高は高成長を実現

4月17日夜、RISEN(証券コード300118)の2019年年報により、RISEN2019年度144.04億元の売上高を実現し、同期比べ47.7%アップ、上場会社株主の純利益は9.74億元であり、同期比べ319.01%アップ、一株の収益は1.11元であるそう。本社は10株現金2元(税込)の配当を配る予定。
公告により、2019年の素晴らしい業績は主に6つの核心競争力の強化によるものである。
1.科学的な戦略的決定能力と効率的な戦略的実行能力
2.市場向きの研究開発理念と完璧な研究開発システム
3.持続的に革新する技術と高効率な製品品質保証
4.グローバルなマーケティングネットワークと強力な産業運営
5.持続的で着実な経営効率と健康な財務構造
6.太陽光産業クラスターの核心区域と便利な運送方式
現在、世界市場はすでに補助金時代に入り、海外市場の持続的な成長を駆動する。NoFITの実現を推進するために、会社の総合力を絶えず増強し、企業高品質の発展を推進するために、RISENは新能源、新材料の二つ新発展戦略に継続に従って、お客様中心として、市場の重要をしっかり引き締め、製品の構造を最適化し、科学技術の研究開発、高効率の製品の普及、技術の改善、精密生産とコストコントロールなどの面で絶えず核心競争力を高めて、太陽光製品の製造、太陽光発電所の建設、新材料、蓄電池、LED証明という5台の馬車 を並行して進む。
2020年05月27日 14:46

ライセンは2019年に「ライトカップ」の2つの年間賞を受賞しました

3月31日、2019ソーラーエネルギーカップ、太陽光発電業界最初の生放送表彰式が終了し、ライセンエネルギーは太陽光発電製品の革新的な研究開発と技術的成果により「最も影響力のあるブランドイノベーション」 と「太陽電池製造大賞」を受賞しました。 現在太陽光発電市場はコロナウイルスの影響を受けて、需要は遅れています。しかし、コスト削減と効率向上で、太陽光発電技術は加速しています。PERC+、大型シリコンウェーハ、MBB、ヘテロ接合、TopConなどの新しい技術は常に出現しています。 ライセンは強力な技術研究開発力に依存することにより、高効率モジュール製品の技術研究開発に注力し続けました。500W高効率モジュールを立ち上げ、太陽光発電5.0の時代を開き、その後世界初の500Wモジュール受注しました。ライセンの500W高効率パネルは、210枚の大型シリコンウェーハ、50個の9メイングリッドPERC単結晶セル、革新的な3ピースデザイン、突破する独自の内部回路接続方法を使用すると報告されています。最大20.8%の効率は、太陽光発電システムのエンドの電気的要件に完全に適合しています。コストの面では、新しい単一ラインの生産能力を30%増加でき、LCOEを6%削減でき、BOSコストを9.6%削減できます。
さらに、ライセンは、業界の機会をつかむために、ヘテロ接合バッテリーの研究と生産も積極的に行っています。研究開発への投資を継続的に増やすことにより、ライセンは業界で唯一のハーフチップヘテロ接合モジュール製品を発売しました。最大21.9%の効率と-0.24%/℃の温度係数を備えています。寒くて非常に暑い地域でも安定した発電量が得られます。同時に、この製品は、光減衰がなく、ストレスがなく、B-O効果によるLIDがなく、TCOフィルムを使用した最高のアンチPIDを備えているため、長期的な耐久性と収益性が保証されます。ライセンは企業の長期的な発展は、技術革新に依存し、最先端の技術的才能を持っています。ライセンは常に最先端の太陽光発電技術の研究開発に焦点を当て、製品品質でブランドを構築することを主張し、技術革新でブランドの昇華を促進し、太陽光発電技術のさらなる開発をリードします。
 
2020年05月27日 10:37

モバイルサイト

ライセンエネルギー株式会社スマホサイトQRコード

ライセンエネルギー株式会社モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!




ライセンエネルギー株式会社
〒104-0031
東京都中央区京橋2-12-2NEWSXビル8階




営業時間
9:00~18:00




お問い合わせ
TEL:03-3538-3533 FAX:03-3538-3536