高性能太陽光発電のライセンエネルギー株式会社|東京都中央区

敷地面積50エーカーを誇る高効率・高性能結晶シリコン太陽光発電のライセンエネルギー株式会社

Wht

ホームブログページ ≫ Risen Energyは、SNEC2021で業界初の... ≫

Risen Energyは、SNEC2021で業界初の大量生産された700W高効率パワーモジュールであるNewT @ Nを発表しました。

Risen Energyは、SNEC2021で業界初の大量生産された700W高効率パワーモジュールであるNewT @ Nを発表しました。
NewT @ Nモジュールは、世界のグリーンエネルギー革命を推進し、正味ゼロ排出の時代を先導します。
中国寧波、2021年6月11日/ PRNewswire / —混雑したSNEC 2021の中で、Risen Energy Co.、Ltd(「RisenEnergy」)、高性能太陽光発電製品の大手Tier1メーカー、最大700Wの出力を備えた業界初の大量生産されたソーラーモジュールであるNewT @ Nの発売により、出展者と参加者の注目を集めました。
6月3日に発表されたNewT @ Nモジュールは、PV 7.0時代の到来を告げ、単一の210mmサイズのシリコンウェーハでより安定した性能とより高い発電量を約束します。
NewT @ Nは、新しいトンネリング酸化物/アモルファスSi(@)N型技術を意味します。ここで、@は酸化物(o)とアモルファスSi(a)の複合不動態化を表します。
NewT @ Nテクノロジーにより、Risen Energyは、金属領域での従来のPERCセルの高い表面再結合率の問題を解決し、Vocとセルの効率を向上させました。
 NewT @ Nは、Risen Energyが業界をリードするモジュール技術を活用して、グリーンエネルギー革命に対する世界的な需要の高まりに対応し、正味ゼロ排出量の目標を達成するためにその役割を果たしている最新の例です。
 
 
「世界がカーボンニュートラルな未来に向けて旅を続けるにつれて、設置されたグリーンエネルギー容量は急速に成長しています。何百もの新しい企業が市場に出現し、PV業界は前例のない機会と課題の急増に直面しています。
Risen Energyでは、国内レベルの科学研究機関と国際的に認定された研究所により、この変革の最前線に立つことができました。
210mmシリコンウェーハプラットフォームをベースにした最新のPVモジュールにより、キロワット時あたりのコストを効果的に削減し、顧客に可能な限り最高の収益をもたらし、炭素排出量の世界的な削減に貢献できます」と同社は述べています。
NewT @ N 700Wハイパワーソーラーモジュールは、ハーフカットセルの非破壊スライス、マルチバスバー(MBB)、高密度パッケージングなどの高度なテクノロジーを使用して、効率を向上させ、セルの亀裂のリスクを効果的に低減しますとホットスポット。さらに、このモジュールは、TOPConとHJTの両方の次世代太陽電池技術の利点を組み合わせて補完します。
その結果、NewT @ Nは、モジュール全体の効率が22.5%であり、大量生産基準の下でコストを管理しています。
NewT @ Nは、Risen Energyの新しい低電圧、高電流シリーズの輝かしい例でもあります。
 210mmサイズのシリコンウェーハなどの低電圧製品は、より高い負荷を運ぶことができ、より多くの設置容量を収容できます。 NewT @ Nは、540W出力の従来の182mmサイズのモジュールと比較した見積もりに基づいて、コストを削減しながら、発電効率と安定したパフォーマンスを大幅に向上させます。
このモジュールにより、床面積が6.6%削減され、設置容量が29.63%増加し、全体的なBOSコストが6.68〜8.95%削減され、LCOEコストが4.84〜6.16%削減されます。
PV 7.0の時代が近づいており、NewT @ Nの立ち上げは、業界を新たな高みへと押し上げる準備ができています。今後も、Risen Energyは、最先端のテクノロジーを活用して、現在の発電所を最新の状態に保ち、LCOEコストの削減を促進し、最終的にはお客様により大きなメリットをもたらします。
同時に、同社はグリーンエネルギー革命のニーズに応え、正味ゼロ排出の世界的時代の到来を告げるために、継続的に研究開発に投資していきます。
 
2021年06月25日 10:41

モバイルサイト

ライセンエネルギー株式会社スマホサイトQRコード

ライセンエネルギー株式会社
モバイルサイトへは
こちらのQRコードからどうぞ!




ライセンエネルギー株式会社
〒104-0031
東京都中央区京橋2-12-2NEWSXビル8階




営業時間
9:00~18:00




お問い合わせ
TEL:03-3538-3533 FAX:03-3538-3536